正しい保湿化粧品のつけ方って?

スキンケアで大事なことは、肌をしっかり保湿することです。
保湿効果の高い化粧品のつけ方とはどんなものでしょう。
乾燥肌の保湿では、手に化粧水を出してお肌につけるという方法が向いています。
コットンでは、肌を傷めずにつけているつもりかもしれませんが、わずかな擦れ合ってすることがあります。
皮膚表面に傷がついていると皮膚が乾燥しやすくなり、肌から水分で出て行ってしまいます。
乳液や化粧水はいったん手のひらにとり、肌に押さえつけるようにしつつ顔全体に浸透させます。
そして、中指と薬指の腹で、顔に化粧品を馴染ませていきます。
スキンケアが一通り終わったら、指の腹で顔のふちや目の回りを軽く押してマッサージをします。
コットンにたっぷりと化粧水をつけ、その化粧水を肌につけるというやり方で毎日のスキンケアをしている人もいます。
コットンが顔を結果的にこすってしまうことが、敏感肌や乾燥肌には悪いこともあります。
保湿化粧品を使ったスキンケアは毎日行うものですから、繊細な肌であるほど手のひらでのケアが効果的だといいます。
習慣化させて行っていれば、手で化粧品をつけるスキンケアでもコットンに匹敵するくらい肌を保湿できるでしょう。
化粧品での保湿を行う場合は、肌を傷めずに化粧水をつけれるようになりましょう。
保湿基礎化粧品口コミ