弁護士ってどのくらいご存知ですか?

みなさん、弁護士についてご存知ですか? 弁護士というのは、当事者に変わり法的な手続きなどを代理人として行ったり、 法廷で弁護人として被告人に変わって主張や弁護したりする職業のことなのです。
このような弁護士業務を行うには、弁護士の資格が必要なのです。
日本では弁護士の資格やその仕事について弁護士法に定められています。
弁護士としてのシンボルはご存知「弁護士バッチ」。
天秤は「公正と平等、公平」を示していて、ひまわりは「正義と自由」を示しています。
弁護士バッチの正式名称は「弁護士記章」といい、 弁護士バッチの裏側には所有している弁護士の登録番号が載っているのです。
弁護士制度が誕生したのは明治時代のこと。
現在のような「弁護士法」が制定されたのは、1893年のことです。
ただし、この時代の弁護士は今とは異なり行うのは法廷活動だけで、 しかも司法省の監督下のもとでのみ行っていたのです。
当時の弁護士は裁判官や検察官より格下扱いされていて、試験制度も異なっていました。
1936年に弁護士法が改正され、弁護士に法廷外においても 法律事務を行うことが認められるようになったのです。
そして、1949年に新しい弁護士法になり、弁護士が国家権力から独立することが認められました。
この年に「日本弁護士連合会」、通称「日弁連」が結成され、 裁判官や検察官や弁護士をすべて司法試験で一元的に選ぶようになったのです。
http://xn--3kqu8hk6x74sz7r.com/