プラチナカードの審査で見られるポイントは?

審査は、年齢・会社規模と勤続年数・職種・年収・雇用形態・居住形態と居住年数・個人信用情報こうしたところがポイントとなります。
これに加え、プラチナカードは年齢も関係してきます。
カード会社によって異なりますが、たいていは30歳以上が条件で40歳以上のところもあります。
個人信用情報については、社内独自で取り扱う個人信用情報と、各金融機関が連携して取り組むCICなどの中立的な機関管理による個人信用情報によって調べられます。
住宅ローンなどを含めても、無理のない範囲で返済能力がある。
正規のプラチナカードは、大抵がゴールドやレギュラーのカードからクレジットヒストリー(カード利用履歴)を積んで招待されるため、これまでのカード利用状況・信用がやはり一番大事となるようです。